平成29年度 後期高齢者医療保険料について

保険料の計算方法について

 後期高齢者医療制度の保険料は、加入するすべての方が負担します。

 保険料は、被保険者全員が負担する「均等割」と、前年の所得に応じて負担する「所得割」の合計となります。

 なお、保険料率や賦課限度額は、北海道後期高齢者医療広域連合で設定し、2年ごとに見直しを行います。

 【平成29年度の保険料】

 均等割 + 所得割 = 1年間の保険料(限度額57万円)

・均等割 49,809円(1人当たりの額)

・所得割 (所得-33万円) × 10.51%

※年間保険料額は、100円未満切り捨て

 年度途中で加入した場合は、加入月からの月割計算

 年度途中で喪失した場合は、喪失月の前の月までの月割計算

 

所得と収入の違い

 「所得」とは、前年の「収入」から必要経費(公的年金等控除額や給与所得控除額など。)を差し引いたものです。

 なお、遺族年金や障害年金は、収入に含みません。

 また、社会保険料控除、配偶者控除、医療費控除などの「所得控除」は適用されません。

 

保険料の軽減

【均等割の軽減】

 所得に応じて、平成29年度の均等割は次のとおり軽減されます。

 同一世帯の被保険者全員と世帯主(被保険者ではない方も含みます。)の所得の合計で判定します。

対象世帯

軽減割合

軽減前 軽減後
所得の合計が33万円以下の世帯のうち、被保険者全員が年金収入80万以下で年金以外の所得がない世帯 9割 49,809円 4,980円
所得の合計が33万円以下の世帯 8.5割 49,809円 7,471円
所得の合計が 33万円 +( 27万円 × 世帯の被保険者数 )以下の世帯 5割 49,809円 24,904円
所得の合計が 33万円 +( 49万円 × 世帯の被保険者数 )以下の世帯 2割 49,809円 39,847円

※65歳以上の方の公的年金等に係る所得については、さらに15万円を差し引いた額で判定します。

 

【所得割の軽減】

 所得割の軽減は、被保険者個人の所得で判定します。

所得 - 33万円 = 58万円 以下の方 2割軽減

 

【被用者保険の被扶養者だった方の軽減】

 この制度に加入したとき、被用者保険の被扶養者だった方は、負担軽減のための特別措置として、所得割がかからず、均等割が7割軽減されます。

 (49,809円から14,942円に軽減されます。)

 なお、所得の状況により、均等割の軽減割合が9割、または8.5割に該当することがあります。

 

保険料の納め方

 平成29年度の後期高齢者医療保険料のお知らせは7月13日に発送しています。

 保険料は原則として、「年金からの引き去りによる納付」ですが、後期高齢者医療制度に加入してからおよそ半年間は「年金からの引き去りによる納付」ができません。

 それまでの間は、納付書で納付していただきます。

 

ご注意していただきたいこと

 年金額が年額18万円未満の方(介護保険料が年金から引かれていない方)や、介護保険と後期高齢者医療制度の保険料の合計額が介護保険料の引かれている年金額の半分を超える方については、「年金からの引き去りによる納付」にはなりません。

 この場合「納付書」や「口座振替」によって納付していただきます。

 「口座振替」を希望される方は、各金融機関に手続きをしていただく必要があります。

 手続きの際には、通帳と届出印が必要となります。

 申込用紙は各金融機関窓口にあります。また、前期全納を希望される方はその旨ご記入ください。

 なお、通常手続きをされた翌月からの取扱いとなりますのでご了承ください。

 

【引き落とし日】

ゆうちょ銀行 毎月25日

道南うみ街信用金庫 毎月25日

新函館農業協同組合 毎月末日

※いずれも引き落とし日が土日等の場合は翌営業日になります。

 

 また、「年金からの引き去りによる納付」をされている方が、保険料額変更などの理由により、年度途中で納付方法が「納付書」によるお支払いへ、変更となる場合があります。

 詳しくは、送付される『後期高齢者医療保険料納入(変更)通知書』及び『納付書』をご確認ください。

平成29年度 後期高齢者医療保険料 納期限

                   普通徴収

期別 納期限
第1期 平成29年 7月31日
第2期 平成29年 8月31日
第3期 平成29年10月 2日
第4期 平成29年10月31日
第5期 平成29年11月30日
第6期 平成29年12月25日

 

                   特別徴収

期別 徴収月
仮徴収 平成29年 4月
仮徴収 平成29年 6月
仮徴収 平成29年 8月
本徴収 平成29年10月
本徴収 平成29年12月
本徴収 平成30年 2月

 

後期高齢者医療保険料を納付しなかった場合

 後期高齢者医療保険料には納期限があり、納期を過ぎても納められていない場合を滞納といいます。

督促状

 滞納となった方に対しては、納期限から20日後に督促状を発送します。納期限内に必ず納めるようにしてください。

滞納が続く場合

 督促状発送後も納付されない場合、催告書を送付して納付をお願いすることとなります。

 それでもなお、滞納が続く場合は、高額療養費などの保険給付の支払いの制限、さらには財産の差押えといった厳しい処分の対象となります。

保険料は税金の控除の対象となります

 保険料は税金控除の対象となります。

 保険料を「年金からの引き去りによる納付」にしている場合は、お支払いいただいている本人の社会保険料控除の対象となります。

 保険料をご家族の口座からの振替にした場合、代わりに保険料をお支払いいただいたご家族などの方に社会保険料控除が適用されます。

 

このページに関するお問い合わせ
厚沢部町役場 税務財政課課税収納係
電話:0139-64-3312(課直通)

 

プリンタ用画面

前
平成29年度 国民健康保険税について
カテゴリートップ
税金



くらしの情報open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen