レクの森ブログ

未分類 2017年8月8日
真夏の夜のメタモルフォーゼ!!セミの羽化観察会

8月6日(日)19時30分から毎年おこなっている「セミの羽化観察会」を今年も開催し、16名のみなさんが、真夏の夜の変身ショーを楽しみました。

今年はセミの「当たり年」。みなさんも多くのセミのぬけがらを目にしたことと思います。観察会当日には、羽化のピークはすぎていましたが、たくさんの羽化中のセミをみることができました。

見事に脱皮成功。「落っこちないのかな?」と心配している方もいましたが、さかさでもセミにとっては平気みたいです。脱皮したての透明感のあるうす緑色を見られるのはこのときだけです。

 

 

ぬけがらで種類を判定

セミのぬけがらを観察してセミの種類を同定します。「大きさ」、「前足のかたち」、「触覚のかたち」、「色」などをこまかく見分けて種類をかんがえます。むずかしい作業でしたが、子どもたちはがんばって挑戦していました。

 

きめ手となる触覚のかたちは虫メガネをつかってしっかりとみきわめます。アブラゼミかミンミンゼミか、むずかしい判断です。

 

前足の微妙なトゲの場所で種類が分かれます。「これはどっちだ?」かんたんにはわかりません。お父さんもむずかしい顔で考えています。

 

あっ、いた!!

羽化中のセミを発見しておお喜び。ちょっと羽化シーズンがおわりぎみだったのでしょうか?ぬけがらはたくさんあったのですが、羽化中のセミはなかなかみつかりません。

 

こんなに低いところで羽化しているセミを見つけました。小さなお子さんでも観察しやすいです。

 

セミの羽化といえばこのポーズ。大きくからだをそらして上半身からでてきます。このあと、自分のカラに前足でしがみついて、お尻をぬいていきます。

 

ミヤマクワガタのメスを発見

セミだけではなく、ほかのムシもたくさんみることができました。

閲覧(329)


カレンダー
«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
新着日記
月表示

観光・文化・自然open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen