渋田正己町長より「年頭のご挨拶」

  力強く迅速に
「素敵な過疎のまちづくりに邁進」

町長  町民の皆様、新年明けましておめでとうございます。

 希望に満ちた令和4年の輝かしい新春を、皆様と共に迎えられますことを心からお慶び申し上げます。

 今年は、町政を担い4期4年目の節目の年であります。私はこれまで町民の皆様とともに各種施策を推進し、安心して暮らすことができる厚沢部町実現のため取り組んでまいりました。これもひとえに町民皆様と議員各位のご理解、ご支援の賜と、心から厚く感謝申し上げます。

 新春にあたり、トップリーダーとしての責任の重大さを再認識し、さらに全力で積極的に施策を展開させ、町民皆様が、真に幸せを実感できるまちづくりに取り組んでいく決意を新たにしております。

 さて、昨年も、新型コロナウイルス感染症が全世界に拡散し、往来型から変異したウイルスが感染拡大を引き起こし、8月には緊急事態宣言が発令され感染者が激増し、医療が逼迫するなど、まさに災害ともいえる異常事態となりました。昨年後半には、感染者数は落ちついたものの、新たな変異ウイルス「オミクロン株」の感染が国内でも急速に広がっており、未だに予断をゆるさない状況が続いております。

 国内では、新型コロナウイルスの感染拡大で一年延期された東京オリンピック・パラリンピックは多くの国と地域の選手が参加し、各競技で熱戦をくり広げ幕を下ろしました。1964年東京大会以来、57年ぶり2度目となった日本での夏季五輪開催は、大部分の会場が無観客となるなど、異例ずくめの大会でしたが、日本は、オリンピックでは58個のメダルを獲得し過去最多の成績をおさめ、パラリンピックにおいても前回大会を上回るメダル数を獲得するなど輝かしい成績を残しました。東京都への緊急事態宣言下での開催については、様々な意見がありましたが、最後まで勝負をあきらめない選手のひたむきな姿に、コロナ禍で疲弊する国民の皆様が勇気と感動を得られたことと思います。

 10月31日に第49回衆議院議員総選挙が行われ、自民・公明の与党が国会を安定的に運営できる絶対安定多数を超える293議席を獲得し、第2次岸田内閣が発足しました。岸田総理は就任後の所信表明で、コロナ克服・新時代開拓のための経済対策として、18歳までの子供や住民税非課税世帯への10万円の給付、介護や看護などの現場で働く人の収入を引き上げるための支援、また、コロナ禍での地方創生を図るための支援を打出し、危機に対する必要な財政支出は躊躇なく行うことを表明し、約36兆円におよぶ過去最高の補正予算を先の臨時国会で成立させました。

 新型コロナ対応としては、この夏に比べて3割、1万人増の約3万7000人が入院できる体制を確保し、ワクチンの3回目の接種を開始。オミクロン株への効果などを一定程度見極め、できる限り前倒し、今後の切り札となる飲める治療薬の早期普及を願うところです。

 政策の柱として、新しい資本主義の下での成長では、海底ケーブルで日本を周回する「デジタル田園都市スーパーハイウエー」を完成させ、マイナンバーカードを使い、スマートフォンにより国内外で利用できるワクチン接種証明書が入手可能となります。クリーンエネルギー分野への大胆な投資を進め、サプライチェーン(供給網)の強靱化や基幹インフラの信頼性確保を進めるため、来年に向け法案の提出を目指し、経済安全保障を確立し、この分野に民間投資を呼び込み、経済成長も実現させるとしています。

 また、分配に関しての施策では、給与を引き上げた企業を支援するための税制を抜本的に強化し、赤字でも賃上げする中小企業には補助金の補助率を引き上げる特別枠を設置。世界の物価が上昇し、わが国に波及する懸念が強まる中、賃上げに全力で取り組み、「若者世代・子育て家庭」の所得を大幅に引き上げることを目指し、国民ともに協力し、国難を乗り越えその先の新しい時代を創り上げていくこを表明しました。政府の施策の展開が、約2年に及ぶコロナ禍にあって、コロナ後の日常に進む第一歩となることを願うものであります。

 また、昨年も、活発な前線の影響等で局地的に猛烈な大雨となり、土砂災害や洪水により全国各地で甚大な被害を被りました。特に、7月には東海地方から関東地方南部では、記録的な大雨となり特に静岡県熱海市では、観測史上最多となる降水量を記録し、大規模な土石流が発生しました。被害に遭われた方々には、衷心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧復興を願っております。

 本町におきましては、大きな災害はなく、安堵しておりますが、いつ起こり得るかわからない自然災害の脅威を思い知らされると同時に、常日頃から防災意識を持ち、災害に対しての心構えが重要であるとあらためて考えさせられたところです。昨年度策定されたハザードマップでの啓発や今後も防災備蓄計画に基づき食糧や備品の整備を進めてまいります。本年も天候に恵まれ、穏やかな年でありますよう願っております。

 今年は寅年(トラ年)です。寅は、毛皮の模様から全身が夜空に輝く星と考えられ干支の中でも大変優雅な存在であるとされ、また、「決断力と才知」の象徴としての意味もあり縁起物として親しまれています。

 寅年にちなみ、力強く迅速に「素敵な過疎のまちづくり」にまい進して参りますので、本年も変わらぬご指導・ご協力をお願い申し上げます。

 結びにあたり、皆様のご健勝とご多幸を、心からご祈念申し上げ、年頭のあいさつといたします。

このページに関するお問い合わせ
厚沢部町役場 総務財政課総務係
電話:0139-64-3311 FAX:0139-67-2815
プリンタ用画面

前
令和4年度町政執行方針
カテゴリートップ
厚沢部町長 渋田正己(しぶたまさみ)の部屋



行政情報open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen