渋田正己町長より「年頭のご挨拶」

  寝ず身のごとく
「素敵な過疎のまちづくりに邁進」

町長 町民の皆様、新年明けましておめでとうございます。希望に満ちた令和2年の輝かしい新春を、皆様と共に迎えられますことを心からお慶び申し上げます。

 昨年の町長選挙において私は、町民皆様のご支持によりまして、無投票当選の栄に浴し、かつての大先輩であります東崎村長と並ぶ4期目の町政を担うこととなりました。誠に身に余る光栄とともに、責任の重大さを痛感し、これまで築き上げてこられた先人方に恥じることのないよう、決意を新たにしているところであります。

 私にとって町長就任4期2年目の今年は、公約の着実な推進と新たな施策に取り組み、町民が安心、安全で住み続けたいと思える素敵な町づくりを目指す所存であります。今後も、町民皆様と議員各位のご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 さて、昨年を振り返りますと、日韓関係では、徴用工問題や輸出手続き優遇除外(ホワイト国除外)問題など両国の関係が冷えつつあり、日本製品の不買運動や日本への観光キャンセルなど経済への影響も出始めており、両国間の早期融和が望まれるところです。また、非核化を巡る米朝実務者協議も不調で、いまだ道筋が見えない状況であります。日本にとっては、拉致問題も進展しておらず、拉致被害者家族の高齢化を考えますと、日朝間交渉の早期進展を図り、拉致被害者が一刻も早く帰国できるよう切望しております。

 国内では、五月一日、元号が平成から令和へと改元され、十月二十二日に、新天皇の「即位礼正殿の儀」がとり行われ、即位を宣言されました。上皇陛下が築かれた「行動する天皇像」を受け継ぐ決意や我が国の一層の発展と「国民の幸福」「世界の平和」を願うお言葉がありました。令和が平和で、平穏な時代であり、世界をリードする日本であってほしいと願うものであります。十月の消費税率引き上げから半年が過ぎました。政府は、幼児教育の無償化など、未来を担う子どもたちや子育て世代に投資し、全ての世代が安心できる社会保障改革を進めておりますが、経済に影響を及ぼさないよう、プレミアム商品券の発行やキャッシュレス決済のポイント還元など消費の下支えを図っているところです。今後も山積する多くの課題解決に向け、国の速やかでしっかりとした責任ある対応を期待しております。

 昨年も国内では、自然災害の多い年でした。特に、台風十五、十九号の上陸による、関東東北にかけての被害は甚大なものとなりました。被害に遭われた方々、いまだ避難生活を余儀なくされた方々には、衷心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧復興を願っております。本町におきましては、幸いにも大きな災害はなく、安堵しておりますが、いつ起こり得るかわからない自然災害の脅威を思い知らされました。常日頃から防災意識を持ち、災害に対しての心構えが重要であるとあらためて考えさせられたところです。今年は、天候に恵まれ、穏やかな年でありますよう願っております。

 昨年4月から3保育所を統合し、待望の「認定こども園」を開設しました。子どもたちは、のびのびと元気に仲良く通園しており、園内には子育て支援センターも設置し、さまざまな子育ての悩みに対応しております。今後とも地域における子育ての拠点としての役割を果たしてまいります。また、都市部と同等な教育機会を提供し、学力の底上げと時代に対応した資質の養成を目的として開校した「公営塾」は、2年目を迎え、中学生全学年と高校1年生を対象に、50名を超える生徒が受講しております。昨年は、第一期生として、二十一名全員が第1志望校へ進学しました。本人の努力はもちろんですが、塾の先生方の熱心な指導の賜物と理解しているところです。学力向上のみならず、個人の資質を磨き、将来、本町の発展に貢献できる人材が一人でも多く輩出されることを期待しております。将来を担う子供たちへの環境整備など子育て支援策の充実により、子育てにやさしいまちづくりを目指しているところであります。

 今年は子年(ねずみ年)。五穀豊穣と商売繁盛の神といわれる七福神「大黒天」のそばに、よく(ねずみ)(はべ)っています。鼠は台所を守り、また食料を守る動物と考えられ、大黒天の使いとされているそうです。また、鼠は予知能力があるともいわれ、先を見通すことで利益を得る縁起物で、招福のお守りとしても崇められてきました。さらに、鼠は「寝ず身」に通じ、大変よく働くことを意味し、蓄財ができるとされています。多くの子どもを産み増やすということから子孫繁栄を願う縁起物でもあります。子年にちなみ、「寝ず身」のごとく「素敵な過疎のまちづくり」にまい進して参りますので、変わらぬご指導・ご協力をお願い申し上げます。

 結びにあたり、皆様のご健勝とご多幸を、心からご祈念申し上げ、年頭のあいさつといたします。

このページに関するお問い合わせ
厚沢部町役場 総務政策課政策振興係
電話:0139-64-3311(内線55) FAX:0139-67-2815
プリンタ用画面

前
令和元年度町政執行方針
カテゴリートップ
厚沢部町長 渋田正己(しぶたまさみ)の部屋



行政情報open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen