北海道ガス株式会社との連携協定の締結について~エネルギーの地産地消の促進と基幹産業の農業を中心とした地域活性化への取り組み~

 本日、厚沢部町は、北海道ガス(株)(本社:札幌市、社長:大槻博、以下:北ガス)と連携協定を締結しました。

 本協定は、町と北ガスが連携し、地域に賦存する水力、太陽光などのエネルギーの地産地消を促進し、基幹産業である農業振興を基軸に町の活性化を進め、「次代へつなぐ活力のある産業のまちづくり」「安全・安心・快適なまちづくり」を進めることを目的としています。

【連携事項】

(1)農業用ダムである鶉ダムを活用した小水力発電の開発、活用に関すること

(2)町の遊休地などを活用した太陽光発電の開発、活用に関すること

(3)地産の再生可能エネルギー電源による電力の地産池消を実現する地域新電力会社の設立、運営に関すること

(4)地域に賦存する未利用エネルギーの活用による地域産業の振興に関すること

【締結式の様子】

締結式
(左より、渋田正己町長、北ガス 代表取締役社長 大槻博 様)

 

詳細につきましては、次の資料をご覧ください。

 

連携協定式資料

 

このページに関するお問い合わせ
政策推進課 政策推進係
電話:0139-64-3312 FAX:0139-67-2815
プリンタ用画面

カテゴリートップ
再生可能エネルギー関係



行政情報open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen