第3回(2015年度) HIYAMA P1 グランプリ

趣旨  

 檜山振興局管内の馬鈴薯は“北の男爵、南のメーク”と言われる様に管内地域で生産され、檜山の農業生産額の約20%を占めており、生産額は全道第5位に位置する主要な農産物として確立しています。その反面、生産物の付加価値向上の取組はあまり取り組まれておらず、檜山を代表する農産物であるにもかかわらず、馬鈴薯に付加価値が付いた特産品が少ない状況です。

 こうした中、平成28年3月の新幹線の北海道延伸を鑑み、さらなる知名度のアップと販路拡大、付加価値特産品等の開発を目指して、平成25年度に「あっさぶメークイン」を材料とした料理コンテスト“HIYAMA P1グランプリ”を実施しました。その後、このコンテストの最優秀作品を道の駅で販売する方向性へ展開し、地元の味を地域で味わえると地域内外から大きく期待されています。

 この経過をふまえ、昨年度に引き続き「第3回HIYAMA P1グランプリ」を開催し、更なる発展を目指します。

 

コンセプト

「あっさぶメークイン」を主材料とした、誰もがおいしく食べられる料理とします。

 

賞品等

入賞者には次の賞を授与します

・最優秀賞 ~ 1賞

・優秀賞  ~ 2賞

※副賞は、檜山南部地域の特産品を予定しています。

 

応募規定

●応募資格の制限はありません。地域、プロ・アマ、年齢、性別を問いません。

●応募作品の条件は次のとおりです。

  • 「あっさぶメークイン」が主たる材料になっていること。
  • 和・洋・中・主菜・副菜・デザート・お菓子等、料理のジャンルは問いません。
  • 材料費は概ね一人分500円程度を目安とすること。
  • 未発表のオリジナル料理であること。
  • 応募作品に関する諸権利は、HIYAMA P1グランプリ実行委員会に帰属します。

 

応募方法

●応募用紙に必要事項を記入の上、郵送・FAX・Eメールにてご応募下さい。

 応募用紙(word)

●応募書類については返却できませんので、予めご了承下さい。

 

応募期間

 平成27年12月25日(金)まで(必着)

 

審査方法

(1)一次審査~書類審査(1月中旬)

 審査基準に基づき、7点を選考します。

(2)二次審査~実食審査(1月下旬)

 書類審査を通過した作品を調理、試食により各賞を決定します。

 

審査のポイント

 地域食特性、創作性、おいしさ、見た目、栄養バランス、将来性等、を審査ポイントとし、総合的に判断します。

<審査員予定>

生産関係者~檜山南部食用馬鈴薯生産組合、JA厚沢部基幹支店
商工関係者~飲食店、商工会
行政関係者~厚沢部町、檜山振興局

 

審査結果

審査結果は、平成28年3月に発表します。
入賞者へのみ、個別に連絡します。
入賞作品については、各関係機関のホームページに掲載する他、報道機関を通じて紹介します。
また、翌年の各地域イベント等で紹介する予定です。
応募作品については、作品集としてホームページ等で紹介する予定です。

 

応募及び問い合わせ

HIYAMA P1グランプリ実行委員会 事務局
北海道檜山郡厚沢部町新町207  厚沢部町農林商工課農業振興係内
TEL 0139-64-3314 FAX 0139-67-2815
Email: nougyou@town.assabu.lg.jp 

プリンタ用画面

前
第2回(2014年度) HIYAMA P1 グランプリ
カテゴリートップ
HIYAMA P1 グランプリ



産業・特産品open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen