「道の駅 あっさぶ」の再整備に関する町民の皆様からお寄せいただいたご意見について

 平成29年10月に、広報「あっさぶ10月号」及び町ホームページで、「道の駅 あっさぶ」の再整備構想について、町民の皆さまからのご意見(パブリックコメント)の募集を行いましたが、このたび、3件のご意見が寄せられましたので、その内容を要約し、項目別に整理しましたので、次のとおり公表いたします。


■「道の駅 あっさぶ」の施設整備等に関して
・ 「駐車場」のスペース拡張。
・ 厚沢部町で採れた食材を使用した「ファーマーズレストラン」の設置。
・ レクの森事務所内への「カフェスペース」の設置。
・ 「展望台」の再整備と、物産館の裏手へ抜ける「山道」の整備を。
・ ウォーキング用の「散策路」(全天候型通路)、「周回サイクリングコース」
 (冬期は「歩くスキー」などのスキー体験コースに)、山道整備、営林署跡地
 への「大型アスレチック遊具」などの設置を。
・ 現在のトイレは暗すぎるので、「明るいトイレ」の設置や、第2駐車場付近
 への「トイレ」の設置。
・ 施設の整備(新設・改修)に当たっては、「バリアフリー化」を優先的に考慮して
 いくこと。
・ 町の活性化のための「食・文化施設」や子どもの「遊戯施設」、「展示ギャラ
 リー」としてセンスが良く、知的なリニュ一アル(若返り)の計画を。
・ 一番望むのは、住んでいる町民や個々の施設の人が活かされ、楽しめる「統合
 総合施設」であって欲しい。
・ 緑町のコミュニティセンターがあることで、道の駅敷地の一体感が感じ
 られない。

■道の駅の運営等に関して
・ バリアフリー観光の推進
・ 新たな食堂の設置は、年間運営費の負担が大きいので、乾燥野菜などを
 使用したピザやパンなどの「軽食」が良い。
・ 地元民からすると、厚沢部は住んでいて、何も楽しみがない?
 何かつまらなくなったなあ、というのが正直な気持ちで非常に残念。
 レクの森の焼肉収穫祭、夏の生演奏民謡付盆踊り大会、ビアガーデン、屋台、
 仮装、太鼓、もちまきビンゴ大会、最後は国保病院の窓から望める厚沢部川の
 河川敷からの花火大会など、町に活気や元気が生まれ、お年寄りも子どもも
 一緒に盛り上がれるようなイベントを是非是非復活させたい。

■その他
・ 厚沢部町は移住者の別荘作りに力を注いでいるようですが、先ずは、今住んで
 いる人を笑顔で元気に。人材活用を含め、ここからの「発信」が、生活に
 楽しみやハリが出るような「拠点」になったら良いですね。移住者も大事
 ですが、その前に、人が集い、そこに笑顔とコミニュティが生まれ、繋がり
 の輪が広がる、そんな楽しい魅力的なまちづくり、コミュニティづくりを
 望む。


 

 皆様からお寄せいただきましたご意見は、今後の再整備に向けた検討において活用させていただきますとともに、貴重なご意見をお寄せいただきまして、誠にありがとうございました。

 

このページに関するお問い合わせ
厚沢部町役場 農林商工課商工観光係
電話:0139-64-3314(内線42) FAX:0139-67-2815
プリンタ用画面

カテゴリートップ
農林商工課からのお知らせ
次
ふれあい農園利用者募集のお知らせ(令和2年4月3日まで)



産業・特産品open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen