厚沢部町持家建設促進奨励要綱(一部抜粋)

(目的)

第1条 この要綱は、自己の居住の用に供するため住宅を建設又は購入する者に対し、奨励金を交付することにより、持家の建設を促進し、定住化を図ることを目的とする。

(奨励金の交付対象)

第2条 町長は、平成27年4月1日から平成32年3月31日までの間に、町内に自己の居住の用に供する住宅を新築又は購入する者で、次に掲げる要件を備えた者を対象とし、奨励金を交付することができる。ただし、移転補償に係るもの及び中古住宅の購入については対象外とする。

(奨励金の額等)

第3条 奨励金は、前条に該当する場合は50万円とする。さらに、町内業者(商工会員に限る。)による施行の場合には、商工会発行の商品券(50万円相当)を追加交付する。

2 老人世帯と同居する住宅を新築又は購入し、現に同居している場合には、前項の額に30万円を加算することができる。

3 子ども(中学3年生までに限る。)と同居する住宅を新築又は購入し、現に同居している場合には、前項の額に次の各号に掲げる額を加算することができる。※平成28年4月1日以後、適用

  1. 子ども1人の場合 30万円
  2. 子ども2人以上の場合 50万円 

(奨励金の申請)

第4条 奨励金の交付を受けようとする者は、次に定める書類を町長に提出しなければならない。

  1. 厚沢部町持家建設促進奨励金交付申請書(別記様式第1号)
  2. 住宅建設工事契約書等の写
  3. その他町長が指定した書類

(奨励金の決定及び決定通知書)

第5条 町長は、申請書の内容を審査し、奨励金の交付の可否を決定し、その旨を申請者に厚沢部町持家建設促進奨励金交付決定通知書により通知するものとする。

(完成完了届)

第6条 申請者は住宅が完成又は購入が完了した場合は、持家完成(完了)届(別記様式第3号)を提出しなければならない。

(奨励金の交付)

第7条 町長は、申請者より完成(完了)届が提出されたときは、すみやかに確認をして、奨励金を交付するものとする。ただし、第3条第2項の老人世帯と同居する住宅を新築又は購入する場合の加算分については、居住開始後1年間現に同居していることを確認した後に交付するものとする。

 

このページに関するお問い合わせ
建設水道課 建築係
電話:0139-64-3315
プリンタ用画面

カテゴリートップ
住まい



くらしの情報open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen