国民年金保険料の免除と請求手続きについて

保険料の免除について

 国民年金は所得が少ない時や失業等により保険料を納付することが経済的に困難な場合に、『保険料の免除』を申請することができます。
 『免除』には全額免除のほか保険料の4分の3、半額、4分の1が免除となる一部免除、若年者(30歳未満)納付猶予、学生納付特例があります。
 過去分の国民年金保険料の免除が受けられる期間は、申請時点の2年1ヵ月前の月分までです。
 申請が遅れると、万が一の際に障害年金等を受け取れない場合や失業等の特例免除が受けられない場合がありますので、速やかに申請してください。
 申請期間に対応する前年所得に基づき審査を行いますので、免除が承認されない場合があります。
 なお、全額免除と一部免除は、配偶者及び世帯主、若年者納付猶予は配偶者についても所得審査を行います。配偶者や世帯主が失業等に該当する場合も免除を受けられる場合があります。

年金請求書の手続き漏れに注意!

 老齢基礎年金を受け取るのに必要な期間(受給資格期間)が、平成29年度より『25年から10年に短縮』されています。
 日本年金機構では、これまでに対象となる方に黄色の封筒(A4サイズ)をお届けしています。
 まだ請求手続きをされていない方は、今すぐ年金ダイヤル(☎0570‐05‐1165)にお電話を。予約の上、年金事務所にて手続きを行ってください。

このページに関するお問い合わせ
厚沢部町役場 保健福祉課住民年金係
電話:0139-64-3313(課直通)
プリンタ用画面

前
国民年金保険料の免除について②
カテゴリートップ
ねんきん講座
次
一部免除を受けたときは残りの保険料の納付を忘れずに!



くらしの情報open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen