町内3中学校閉校式

町内3中学校は平成30年3月31日をもって閉校し、4月から新『厚沢部中学校』として開校しました。各学校で行われた閉校式の様子をお知らせします。

厚沢部中学校閉校式【平成29年12月10日開催】

厚沢部中学校(在校生69名)は、昭和25年5月に厚沢部村俄虫中学校として開校し、昭和38年7月に厚沢部町立厚沢部中学校と改称されました。「明るく・強く・正しく」を校訓とし、これまで4,008名の卒業生を送り出してきました。最も多い昭和38年には、394名の在校生を数えるほどでした。

【町長式辞】

【校旗返納】

【生徒代表挨拶・全校生徒合唱】

鶉中学校閉校式【平成30年1月28日開催】

鶉中学校(在校生13名)は、昭和22年5月に開校しました。「よく考え学習する生徒、力を合わせてよく働く生徒、心豊かで礼儀正しい生徒、自ら進んで体を鍛える生徒」を教育目標とし、これまで2,056名の卒業生を送り出してきました。最も多い昭和39年には、207名の在校生を数えるほどでした。大口校長は「鶉中学校で過ごした苦楽が心の中でなつかしさとして生き続け、『生きる支え』になる」と挨拶しました。

【校歌斉唱】

【校旗返納】

【校内掲示】

館中学校閉校式【平成30年2月18日開催】

館中学校(在校生18名)は、昭和22年5月に開校しました。「明朗・健実(明るく朗らかに・健康で実直に)」を校訓とし、これまで3,196名の卒業生送り出してきました。最も多い昭和38年には、318名の在校生を数えるほどでした。閉校式開催にあたり、生徒・教員が一丸となって会場設営・撤去を行っている姿が印象的でした。

【校歌斉唱】

【校旗返納】

【校内掲示】

プリンタ用画面

前
教育委員会外部評価
カテゴリートップ
教育情報



くらしの情報open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen