介護保険制度について

介護保険制度の概要

  介護保険制度は、住み慣れた地域でいつまでも健やかにくらせるように、また介護が必要になっても、安心して自立した生活を送れるように、社会全体で支えていこうという仕組みです。40歳以上の人が加入者となって介護保険料を納め、介護や支援が必要になったときには費用の一部を支払ってサービスを利用できるしくみで、町が保険者となって運営しています。

介護保険の資格(被保険者)

第1号保険者

 65歳以上の方・・・介護保険料を町(保険者)に納めます。介護や日常生活の支援が必要な方は要介護(要支援)認定を申請し、認定された方は介護(介護予防)サービスを利用することができます。

第2号保険者

 40歳~64歳の方・・・加入している医療保険の保険料と合わせて医療保険者を通して介護保険料を納めます。特定疾病により介護や支援が必要な方は要介護(要支援)認定を申請し、認定された方は介護(介護予防)サービスを利用することができます。

 

第2号被保険者の認定での特定疾病とは

・がん(医師が一般に認められている知見にもとづき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る)
・関節リウマチ
・筋萎縮性側索硬化症
・後縦靭帯骨化症
・骨折を伴う骨粗鬆症
・初老期における認知症
・進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
・脊椎小脳変性症
・早老症
・多系統萎縮症
・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
・脳血管疾患
・閉塞性動脈硬化症
・慢性閉塞性肺疾患
・両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 

資格の取得・喪失

資格の取得日

 被保険者の資格は、次のいずれかの日に取得します。

  1. 医療保険加入者である住民が40歳に達した日(※誕生日の前日)
  2. 40歳以上65歳未満の医療保険加入者または65歳以上の人が市町村の住民になった日(または住民である40歳以上65歳未満の医療保険加入者・65歳以上の人が適用除外施設を退所した日)
  3. 40歳以上65歳未満の住民が医療保険加入者となった日(生活保護法の保護をうけなくなったことにより国民健康保険の適用除外該当しなくなった日など)
  4. 医療保険加入者以外の住民が65歳以上に達した日(※誕生日の前日)
資格の喪失日

 被保険者の資格は、次のいずれかの日に喪失します。

  1. 市町村の住民でなくなった(または住民である40歳以上65歳未満の医療保険加入者・65歳以上の人が適用除外施設に入所した)日の翌日(ただし、住民でなくなった日に他の市町村の住民になったときは当日)
  2. 第2号被保険者は医療保険加入者でなくなった日(生活保護法の保護をうけるようになったことにより国民健康保険の適用除外に該当するようになった日など)

 

  • 適用除外とは・・・障害者総合支援法による支給決定(生活介護及び施設入所支援の両方)をうけた指定障害者支援施設の入所者である身体障害者、また身体障害者福祉法による障害者支援施設(生活介護)の入所者である身体障害者は、当分の間、介護保険の被保険者とはなりません。

  また、次の適用除外施設に入所・入院している人も被保険者となりません。

  1. 児童福祉法の医療型障害児入所施設
  2. 児童福祉法の指定医療機関(医療型児童発達支援の指定病床)
  3. 独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園法の施設
  4. 国立ハンセン病療養所等
  5. 生活保護法の救護施設
  6. 労働者災害補償保険法の被災労働者の介護の援護を行う施設
  7. 障害者支援施設に知的障害者福祉法により入所する知的障害者
  8. 指定障害者視線施設に障害者総合支援法の支給決定(生活介護及び施設入所支援)により入所する知的障害者及び精神障害者
  9. 障害者総合支援法の療養介護を行う病院

 ※これらの施設を退所・退院した場合は市町村に資格取得を届け出る必要があります。

 

介護保険被保険者適用除外該当(非該当)届はこちらから

 

このページに関するお問い合わせ
厚沢部町保健福祉センター(あゆみ) 保健福祉課 介護保険係
電話:0139-64-3319 FAX:0139-67-2845
プリンタ用画面

前
介護保険料について
カテゴリートップ
介護保険
次
被保険者証について



くらしの情報open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen