台風について

台風について

 7月から10月は「台風」の発生・接近・上陸が多くなる時期です。災害を防止・軽減するためには台風に関して確認しましょう。
 熱帯の海上で発生する低気圧を熱帯低気圧と呼びますが、最大風速がおよそ17m/s以上になったものを「台風」と呼びます。台風が北上し北から寒気の影響が加わると、寒気と暖気の境である前線を伴う温帯低気圧に変わります。北海道付近でも強い勢力を保ったまま接近・上陸する場合もあります。
 台風の接近が予想される時には、テレビやラジオ、気象庁のホームページなどで最新の気象情報をチェックして備えるようにしてください。

台風による災害から身を守るために

〇台風が接近する前
 ・屋外の植木など飛散しそうなものは、屋内に片付けるかしっかりと固定する。
 ・屋根や壁などの補修は早めに済ませる。
 ・大雨による浸水や土砂災害の危険があるので、低い土地や斜面のそばに居る方は早めの避難も大事。

〇台風が接近して大雨や暴風の影響を受け始めた時
 ・なるべく外出は避ける。
 ・アンテナなどの補修のために屋根に上ることは絶対に止める。
 ・増水した河川や海岸には絶対に近づかない。

〇台風の通過後
 ・台風が低気圧に変わる場合には、通過時より、通過後の方が暴風となる場合があります。
 ・警報を発表している間は、警戒を続ける必要があります。

警報発令内容・最新の情報

気象庁HP台風情報
気象庁HP危険度分布
函館地方気象台HP
渡島・檜山地方の警報・注意報
・函館地方気象台気象情報 0138-46-0901 (音声自動応答):24時間対応
 ※渡島・檜山地方の気象警報・注意報発表状況等を自動音声でお知らせ。

 

 

お問い合わせ先
総務財政課情報管理係
電話:0139-64-3311

 

プリンタ用画面

前
ため池ハザードマップ
カテゴリートップ
防災
次
災害・気象などの警戒情報



くらしの情報open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen