おらいも君ブログ

その他 2019年7月16日
☆祝☆厚沢部スラッガーズ野球少年団が檜山大会を制覇!!

厚沢部勢としては館双ツ山ライナーズ野球少年団以来10年ぶりとなる FIGHTERS BASEBALL CHAMPIONSHIP U-12(札幌ドーム)へ

 7月14日(日)・15日(祝)の2日間、2019 FIGHTERS BASEBALL CHAMPIONSHIP U-12 檜山支部予選大会が上ノ国町球技場で開催され、厚沢部スラッガーズ野球少年団が大成ベアーズ野球少年団(せたな町)を6対5(7回サヨナラ勝ち)で下し、8月14日から札幌ドームで開催される全道大会の出場権を獲得しました!
 厚沢部勢としてのFIGHTERS BASEBALL CHAMPIONSHIP U-12への出場は、2009年の館双ツ山ライナーズ野球少年団以来10年ぶりとなります。

集合写真

優勝候補の一角『強豪・大成ベアーズ』にリベンジ!

 決勝戦の相手は、今大会優勝候補の一角・強豪大成ベアーズ。
 先月開催されたホクレン旗兼スタルヒン杯争奪檜山予選大会1回戦でも対戦し、1対8の大差で敗北。練習試合を含めても勝利がなく、試合前は苦戦が予想されていました。

成澤投手

 初回、先発の成澤君(6年)が2三振を含む3者凡退で流れを引き寄せ、その裏の攻撃では、先頭の太田君(5年)が2ストライクと追い込まれながらもレフトへの2塁打で出塁。2番の朝倉煌士郎君(3年)が追い込まれながらもキッチリ送りバントを成功させ、3番の成澤君が四球で出塁後、4番で主将の渡辺君(6年)がセンターへのタイムリー2塁打で瞬く間に先制しました。

朝倉煌君スクイズ

 2回にも9番の澤口芽駆君(3年)が四球で出塁後、盗塁に成功。2番の朝倉煌士郎君がプレッシャーのかかる中、スクイズを決め、3年生2人で追加点。相手エースを降板に追い込みました。

気持ちの入った全員プレーで好守備連発!

 この日の上ノ国町球技場は、レフト方面からホームにかけて強風が吹き、フライの処理や集中力の維持に苦慮しながらも、両チームとも好守備を連発。懸命に投手を支えていました。

太田君と成澤君

2番手で登板の朝倉琥太郎君が魂の投球!

 5対2で迎えた6回表の大成ベアーズ。5回から成澤君を救援した朝倉琥太郎君(5年)から2連打で5対4に追い詰め、なおも、ノーアウト1塁。苦しい朝倉投手を勇気づけたのが、扇の要・渡辺捕手。2塁への盗塁を刺して相手の勢いを止め、朝倉君も魂の投球で三振を奪い、マウンド上で雄叫びを上げました。

吠える朝倉投手

崖っぷちをしのいだ最終回に劇的な幕切れ!

 最終回、春の函館支部大会(50チーム参加)でベスト8に進出した強豪・大成ベアーズが、意地の連打で同点に追いつき、なおも、2アウト満塁3ボール0ストライクの絶体絶命のピンチ。
 1球もボールにできない崖っぷちに追い込まれた朝倉君は、ここから真の男に成長! 3球連続でストライクを投げ、気迫で三振に仕留めました!!
 その裏の攻撃、3番の成澤君がレフトへの2ベースで出塁し、4番の渡辺君に。2球目をコンパクトに振り抜くと、風に乗った打球はライトライン際へ。この試合3安打目となるヒットは劇的なサヨナラタイムリーとなり、応援団は歓喜の渦に!!!決勝戦に相応しい好ゲームは、唯一の6年生2人の活躍で幕が閉じられました。

2人だけの6年生

若干11名で挑んだスラッガーズ

※写真は厚沢部スラッガーズ熱烈応援団のお母様より提供いただきました。

6年生2人、5年生5人、3年生2人がレギュラーのスラッガーズ!
全道大会も闘志を燃やし気持ちのこもった全員野球で目指せ全道1勝!

応援団と記念写真
 

<余談>
我が娘ポテコ×2と応援に行っていたおらいもは、ポテコ×2に振り回され、サヨナラタイムリーの瞬間を見逃してしまったのでした・・・。(涙笑)

閲覧(1298)
コメント
投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2019/7/17 14:24  更新日時: 2019/7/17 14:24
 RE: ☆祝☆厚沢部スラッガーズ野球少年団が檜山大会を制覇!!
とてもいい記事ありがとうございます
as-info
投稿日時: 2019/7/21 9:26  更新日時: 2019/7/21 9:26
管理人
登録日: 2016/1/28
居住地:
投稿数: 304
 RE: ☆祝☆厚沢部スラッガーズ野球少年団が檜山大会を制覇!!
コメントありがとうございます!
選手・指導者・応援団の笑顔(感涙)の姿がいまでも脳裏に焼き付いています。
ホント素晴らしい試合でした。
全道大会でも心ひとつに熱い試合を!

P.S.全道大会も記事書きた~いも!

コメントを書く
タイトル
コメント
絵文字を入れる ⇒ ニッにっこりシュンエッ!?ん?フフッげらげらむぅべー  [もっと...]


カレンダー
«前の月次の月»
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
新着日記
月表示

ピックアップコンテンツopen