レクの森ブログ

未分類 2015年3月30日
3月定例観察会を開催しました

3月22日(日)に、3月の定例観察会「冬芽のずかんをつくってみよう!」を開催しました

今回は、参加者のみなさんと樹木の冬芽を観察しながら、様々な樹木が植栽されている樹木見本林を中心に歩きました

冬の森に入ると、広葉樹類は葉を落とし、どの木も同じ様に見えます
でもルーペなどをつかって木の枝をよ~く見てみると、とても個性的な冬芽がそれぞれの木についていることがわかります

 

ハルニレの冬芽

帽子をかぶった小人のように見えるハルニレの冬芽(真ん中)

 

ハルニレの冬芽はまるで帽子をかぶった小人の顔のように見えますし、ホオノキの冬芽はインゲン豆にとてもよく似ている、との感想が出ました
皆さん木から木へと移動しながら、多種多様な冬芽の姿に驚かれているようでした
真剣にオオカメノキの冬芽をスケッチ

真剣にオオカメノキの冬芽をスケッチしています!

 

そして当日に見られた冬芽については、参加者の皆さんにスケッチや記録をとっていただきました
そちらを元に今回の観察会でみつけた冬芽ずかんを作成しました
(ずかんは森林展示館においてあります)
スケッチは写真よりもとくちょうがはっきりと描かれるのでわかりやすいですね

今後も観察会等で冬芽を記録し、冬芽ずかんのページをどんどん増やしていきたいなと思います
参加者のみなさん、お疲れさまでした!

閲覧(3472)


カレンダー
«前の月次の月»
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
新着日記
月表示

観光・文化・自然open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen