レクの森ブログ

未分類 2016年1月26日
1月定例観察会を開催しました

1月24日(日)に、1月の定例観察会「冬のレク森たんけん-スノーシュー体験-」を開催しました

昨年末まであまり降らなかった雪も今年に入ってだいぶ積もりました
今回の観察会では、すっかり銀世界になったレク森の中をスノーシューを履いて探検してみました

 

1月定例観察会

 

冬は夏の下草が茂っていると踏み入るのに苦労した場所でも、スノーシューなら比較的かんたんに歩けるようになっています
そこで遊歩道の外にも続いている動物の足跡をたどってみることにしました

 

1月定例観察会

 

観察会の朝方に積雪があったため、動物の足跡が少しわかりにくくなっていたのは残念でしたが、エゾシカやエゾリス、ホンドテンの足跡を見つけました
特に今年はエゾシカの足跡が多く、何頭かがミズバショウの生える小沼で食べ物を探しまわっている様子がわかりました
足跡は登るのも一苦労な急斜面にも続いており、参加者の方も驚かれていました
上の写真ではエゾシカも人が通る遊歩道を通っているようです

 

1月定例観察会

 

次の写真はジャンプ跳びをするエゾリスのものです
足跡をたどってみると木から木へと移り、木の根元を掘り起こしながら歩き回っているようでした
食べ物であるドングリや松ぼっくりを探していたのかもしれません

他にも樹木の冬芽やアカゲラやカラ類などの野鳥を観察しながら冬の森を満喫しました
参加者の皆さんお疲れさまでした!

閲覧(4539)


カレンダー
«前の月次の月»
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
新着日記
月表示

観光・文化・自然open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen