レクの森ブログ

未分類 2017年3月7日
2月の定例観察会を開催しました

 2月26日(日)に、定例観察会「木のスプーンをつくってみよう!」を開催しました。
 今回はナイフで木を削り、スプーンまたはバターナイフを参加者の皆さんにつくっていただきました。
 使用した木材は『エゾマツ』と『ホオノキ』です。
 エゾマツは白くて柔らかく、削りやすいのが特徴で、ホオノキは目が細かいのでどの方向から刃を入れても抵抗が少ないのが良い所です。

 果たしてどのような仕上がりになるのでしょうか?

 まずはナイフで木を削っていきます。
 ナイフで木を削る事に慣れていない子どもたちも、少しずつコツをつかんでリズミカルに削れるようになっていました。
 時折「疲れた」との声が聞かれながらも、皆さん集中して取り組んでいました。

作成中の写真

 だいたいスプーンやバターナイフの形ができたら、やすりで表面を滑らかにします。
 バターナイフはここでバターをすくう部分を一気に薄くします。
 そして、完成したら蜜ろうをぬりこみ、名前を入れます。

 完成品がこちら!↓

完成後の写真

 色が濃いものがホオノキで、白いものがエゾマツです。
 どれもそれぞれ違った形をしていて、味のあるいいスプーンができました。
 是非ご自宅で使用していただきたいです。

 参加者の皆さん、お疲れさまでした!

閲覧(4196)


カレンダー
«前の月次の月»
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
新着日記
月表示

観光・文化・自然open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen