ハチの仲間

キバチ科
トドマツノキバチ

和 名 トドマツノキバチ

学 名 Xoanon matsumurae

解 説 体長30mm前後。7~8月、山地の森林内で見られる。幼虫は、マツ類の材を食べる。

アリ科

ムネアカオオアリ

 

和 名 ムネアカオオアリ

学 名 Camponotus obscuripes

解 説 体長7-12mm。平地~山地の森林内で見られ、朽木の中などに巣を作る。

スズメバチ科
キアシナガバチ

和 名 キアシナガバチ

学 名 Polistes rothneyi

解 説 体長21-26mm。日本産アシナガバチ類の中で最も大きい種の一つであり、また、攻撃性・毒性ともに最も強いとされる。

キオビホオナガスズメバチ

和 名 キオビホオナガスズメバチ

学 名 Dolichovespula media

解 説 体長18-21mm。5月~9月、平地~山地で見られる。

ミツバチ科
エゾオオマルハナバチ

和 名 エゾオオマルハナバチ

学 名 Bombus hypocrita sapporoensis

解 説 体長11-22mm。4~9月に平地~山地の林内で見られる。ネズミ類の古巣に巣を作る。体や羽音が大きいため恐れられがちだが、とてもおとなしいハチで、捕まえたりしない限りはまず刺されるようなことは無い。

エゾトラマルハナバチ

和 名 エゾトラマルハナバチ

学 名 Bombus diversus tersatus

解 説 体長11-22mm。5~9月、平地~山地の林内で見られる。

プリンタ用画面

前
ハエ・アブの仲間
カテゴリートップ
昆虫
次
その他の仲間



観光・文化・自然open

  • 町長の部屋
  • 厚沢部町議会

ピックアップコンテンツopen